スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジンオイル交換

やらなければなあと思いつつ気がつくと4,000㎞以上走っていました
09120601.jpg
冴強とか冴速とかはまた今度フィルター交換の機会にでも。とりあえず近所のホムセンで入手可能な一番安いコレ
冬だし全開走行も滅多にしないし充分だよ、誰かそう言ってくれ。


09120602.jpg
難しい事は何もありませんが、ドレンボルトをメガネで緩めようとするとアンダーカウルが邪魔になるので
ソケット(ディープなら尚可)の方が良いでしょう。



交換後試走しましたが、何も変化は体感できません。
それでも一時だけとはいえ確認窓から見えるオイルが綺麗なのは気分が良いです。



スポンサーサイト

純正OP ヘルメットホルダー

どんよりと冬空、しかも昼過ぎから雨の予報。なんかやること無いか、という事で

納車と同時に購入していながら放置していたコレを付けることにしました。
09120501.jpg

装着はヘキサレンチでタンデムステップホルダーを一旦外して共締めするだけですので5分もあれば充分
09120502.jpg

ヘルメット繋いだ図
09120503.jpg

・・・あんまり付けやすくも無いし、場所も下過ぎて車体の汚れがヘルメットに付きそう。

色々調べると皆さん工夫されてる様ですね。



ACTIVE FENDER LESS Kit

装着後1ヶ月にして漸く取り上げますよ。
DSCN0191.jpg
装着後の剛性、スタイルは申し分ありません。

判りにくいと評判の説明書ですが、
DSCN0204.jpg
私はテールランプとステーの間に挟むカラーとワッシャーの順番を間違えて
悩むこと小一時間+メーカー問い合わせ~確認結果待ちの2時間を浪費しました。
メーカーの対応は親切で助かりました。


・・・・まあその他にも色々間違えて5時間位は費やしましたが orz

落ち着いてやれば3時間位でしょう。

最後まで気を抜かずに作業は行いましょう。
DSCN0203t.jpg
リアカウル再取付時にフレームとのネジ穴あわせる為に力技でカウルを押し込んでいたら
フェンダーレスキットのメインプレートとリアカウルが当たって削れてしまいました。
心配な方はメインプレートのエッジに保護シート貼るなりした方が良いかもしれません。


COERCE RS リアフェンダー

何と言っても御手頃価格が魅力のこのフェンダー。
やはりそのメリットを最大限に活かすにはFRP!(負け惜しみ)
200906270911000.jpg

既に色々な方が言及していますが、チェーンカバー側取り付け穴が丁度ボルト半分分位ずれてます。
棒ヤスリがあれば簡単に削れるので拡げてあげましょう。
これは削りすぎだ orz

反対側がタイラップ止めなのがねえ・・・
DSCN0189.jpg
と言う方も多いと思いますが、まあMotoGPマシンでもタイラップやワイヤーロック止めの
パーツは珍しく無いんですから、レーシーとでも思えば何ら問題ありません。

但しタイラップとスイングアームが擦れてそのうち黒塗装が剥がれるかも知れないので
そういうことを気にする人はスイングアームに保護シートなり貼ると良いかもしれません。

泥よけ効果に関してはこの長さにしてはまあまあかと。
リアシート辺りにも多少は撥ねますが、本来そこを守る為のものでも無いですから。

BEET New NASSERT‐R Slip-On

DSCN0175S.jpg
では順に今回装着したパーツの感想なんかを。
取り付け
・一番時間が掛かるのはノーマルマフラー用ヒートガードの取り外しでした。
 これも特別難しくはありません。
・私はサイレンサー固定バンドを一旦はずしてしまったので少し苦労しました。
 その場合はM5×40位のボルトを使って固定バンドを仮組みすると簡単です。
 (とメーカーサポートに教わりましたw)
 こんな無駄な事をしなければ小一時間で充分完了する作業でしょう。
・テールパイプとサイレンサー結合部のシリコンガスケットはある程度タップリ塗った方が良いかも。

サウンド
・音量は十分静かですが
 朝に他人の軒先近くで暖気なんかは避けたい、日中に大人しく通過する位なら問題無いでしょう。
 そんな感じ。
・5000rpm位までは歯切れの良いツインサウンドが楽しめます。7000位からは純正同様の
 連続音。
・個人的には音量はもう少し静かでも良かったか。

パワー/トルク
・~5000rpm迄のトルクupは体感できます。動き出し~低速が軽くなりました。
・メーカー公表測定カーブでは7000rpm辺りにトルクの谷がある様ですが、
 確かに純正の7000~8000で感じた盛り上がりはあまり感じなくなりました。下のトルクが増えた分
 そう感じるのかも知れません。
・9000rpm辺りから上は純正とほぼ同じです。車速の伸びが大人しくなる速度も同じくらい。
 
サウンド、性能、スタイル何れも交換した満足感が充分得られる、お買い得な製品だと思います。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。